着物関連情報

HOME着物の帯の選び方

最終更新日:2017/11/20

着物の帯の選び方

着物を着た可愛い女性

着物を選ぶ上で、着物そのもののデザインなども重要ですが、着物のおしゃれ度を決める大きなポイントのひとつに「帯」があります。
帯は着物のアイテムの中でも重要な存在で、そのデザインだけでなく締め方や見せ方を少し変えるだけで、着物の着こなし方に対する印象が大きく変わってくるアイテムでもあります。
例えば、着物が人気のあるデザインで、帯もしっかり締められていたとしても、着物と帯が全然合っていなければどれだけいい着物を選んでいても、着物のおしゃれな雰囲気が損なわれて全体の着こなしとして良くないものになってしまいます。
そのくらい帯の選び方は重要です。
では、実際に着物を着るときにどのような帯を選べば良いのでしょうか。
帯を選ぶ基準は、「帯の格」「帯の色」「帯締め」「帯揚げ」の4つです。
帯の格とは、着物を着るシーンに合わせて変わるもので、友人の結婚式なのか子供入学式なのか、友達との食事会なのかによって変わる着物の格に合わせて、帯の格も変える必要があります。
なお、この格が違う帯をつけてしまうと、どれだけ着物がおしゃれでも恥ずかしいものとして周囲の人たちから見られてしまいます。
帯の色は、着物に合う色を選ぶようにすると比較的簡単に決められますが、帯から先に選ぶと選択できる着物の種類や色が狭くなってしまうので注意してください。
帯締めは、帯の色に合うものの中から選ぶようにしてください。
この帯締めについても格がありますので、帯締めの色が着物や帯と合う色を選ぶだけでなく、こちらも格が合ったものを選びましょう。
帯揚げも帯締めに合うものの中から選びますが、当然この帯揚げにも格があり、着物や帯、帯締めと同じ格になるものの中から色が合うものを選んでください。
このように、帯は着物のアイテムのひとつというだけではなく、本格的な着付けを考えた場合にはいろいろなことを考えなくていけません。
ただ、最近の着物の人気を後押ししている、カジュアルに着こなすような着物については、普段着感覚で楽しめるため、格を重んじるというよりは着物と帯の色合いなどを重視しても良いでしょう。
それでも、着物の格などを知らずに普段着感覚で着物を着ている人と、着物の格を理解した上でカジュアルに着こなしている人とでは、着こなしのレベルに差が出てきますので、ルールについてしっかりと理解したうえで着物の帯を選ぶことをおすすめします。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP