着物関連情報

HOME着物に似合うアクセサリーとは

最終更新日:2017/11/20

着物に似合うアクセサリーとは

紫色の着物

着物につけるアイテムといえば、どんなものイメージするでしょうか。
着物をおしゃれに彩るアクセサリーや小物などがありますが、その中でも髪に付ける髪飾りやかんざし等のヘアアクセサリーが最初に思い浮かぶ人も多いかもしれません。
ではヘアアクセサリーの他に何があるのかというと、最近では着物に合わせるものとして、帽子やブーツなど洋服のときに着用するようなものを合わせることも珍しくありません。
基本的に、ネックレスや腕時計、ブレスレットなどのアクセサリーは着物には合わないとされていますので、着用しない方が無難です。
また、ピアスやイヤリングについては、着物のマナーを重んじる人にとってはNGとなっているため、冠婚葬祭など格式や礼儀が重んじられる年配の方々がいるような場においては、着用しないことをおすすめします。
その分、同年代の友人だけの結婚のお祝いなどカジュアルに楽しめるようなところで着物を着るような場合には、耳に密着するタイプのピアスやネックレスなどを付けることは問題ありません。
ただ、あまり大き過ぎるものは好まれませんので、注意する必要があります。
その他にも、結婚指輪などはもちろんOKで、これも大きすぎないものが良いとされています。
さらに、ネイルなども基本的にはしない方が良いですが、着物に合わせた派手過ぎないカラーやデザインのものであれば問題ありません。
このように、着物を着る場所によって、着用可能なアクセサリーが異なるため、その場その場に合わせてアクセサリーを選ぶようにしましょう。
ここまで、着物で着用可能なアクセサリーについて説明してきましたが、ここからは着用可能なアクセサリーの中から、着物に似合うものについてご紹介していきます。
まず、髪飾りやかんざしについては、着物の色やデザインに合わせたものを選ぶようにすると、統一感が出て似合います。
最近ではヘアアクセサリーとして生花の髪飾りなどを頭に付ける人も増えていますので、着物の柄と同じ花を髪飾りとして付けたり、同じ色のかんざしにしたりすることで着物を引き立たせることができるのでおすすめです。
その他にも、ネイルをもしする際は、髪飾りと同様に目立たないように彩りを着物と合わせて、まとめていると着物のおしゃれな雰囲気を引き立てることができます。
イヤリングやピアスについては、大き過ぎないものというだけでなく、振っても落ちにくいものを選ぶようにしましょう。
ネックレスなどについては着用NGですが、どうしても着用したい場合は、小ぶりのパール系のものにすれば着用していても違和感が抑えられるのでおすすめです。

一覧はこちら

着物ランキング

TOP